FastScan Pro AFM Banner

PeakForce Tapping - AFMの理想形

PeakForce Tapping®ではプローブが周期的にサンプルをタッピングし、pNレベルの相互作用力がカンチレバーのたわみにより直接計測されます。卓越した力の制御により、空気中と液中の両方でフィードバックループが力を最大10 pNに一定に維持します。これは、 TappingMode™などの他のモードで一般的に使用される力(約1 nN)よりも大幅に小さくなっています。

材料の研究のみならず、PeakForce Tappingはイメージングに要する力がこれまでにないほど低いため、生物学的サンプルの計測に最適です。定期的にカンチレバーを調整する必要性など、液中でのTappingModeの使用に関する多くの制限を克服しています。PeakForce Tappingテクノロジーを使用して、生細胞の機械的特性を定期的に計測できるようになりました。

卓越した力の制御により先端形状とサンプルの完全性が維持されるため、2重らせんDNAのような微小な生物学的構造でも一貫して正確かつ高分解能の計測ができます。

ブルカーは、5つの特許に基づいて生み出されたPeakForce Tappingにより、これからもAFMテクノロジー開発を

リードしていきます。PeakForce Tapping発表後の5年間で査読済みの公表文献は1,000件を超え、約3,000の引用が行われています。この採用率はTappingModeの採用率を上回っています。

PeakForce tapping schematic 300x300