フォースディスタンス測定

個々の相互作用力のターゲット特性分析に対応

配位子がレセプター分子に結合する結合力は、しばしば生物学システムのダウンストリームに大きな影響を及ぼします。そうした相互作用は、特に細胞の信号伝達および製薬研究の分野で重要となります。フォースディスタンス測定では、プローブがサンプル表面に近づいたり離れたりする際にプローブにかかる引力と斥力を調べることができます。分析対象分子をプローブチップに付加すれば、さらなるデータも得られます。

一般に、フォースディスタンステクニックは、基礎的な相互作用力、ナノスケールの吸着および弾性反応、結合力、コロイド、化学センシングなどの研究に用いられています。ブルカーの幅広いナノメカニクスパッケージでは、フォースディスタンスに加えて、PeakForce QNM™ や定量的なフォースボリュームマッピングなどのテクニックも提供しています。

フォースディスタンスモードを搭載するブルカーのAFMシステム:

推奨されるAFMプローブ:

生物学サンプル用:

生物学以外のサンプル用:

Force-Distance measurement 1
HeLa cells express varying amounts of fluorescence-tagged membrane protein. Force measurements performed with functionalized AFM probes show a strong correlation between binding force and fluorescence intensity, with bright cells yielding many binding eve