走査型サーマル顕微鏡(SThM)

AFMの分解能と定量的熱分析が融合

示差走査熱量測定(DSC)、熱機械分析(TMA)、動的機械分析(DMA)といった熱分析手法は、材料の遷移温度を測定する技術として確立されています。しかし、従来の熱分析手法には、サンプル平均レスポンスしか得られず、局所的な欠陥に関する情報が得られないという大きな制約があります。また、厚さ数ミクロン未満のコーティング/膜の熱特性も測定できません。

走査型サーマル顕微鏡(SThM)VITAモジュールは、既存のブルカー走査型プローブ顕微鏡(SPM)で熱分析機能を使用できるようにするものです。SThM-VITAを使えば、ナノスケールの空間分解能と、相関性の高い表面形状情報を利用して、材料の局所的な熱特性を測定することが可能です。

 

推奨されるAFMプローブ:

SThMモードを搭載するブルカーAFM:

Scanning Thermal schematic