ねじれ共振モード

垂直方向でも水平方向でも動的にサンプルを分析

カンチレバーのねじれ振動を用いるねじれ共振モード(TRモード™)は、材料の平面内異方性のナノスケール分析と、運動摩擦のナノスケール測定を可能にする技術です。また、タッピングモード™ とインターリーブすれば、垂直方向および水平方向で動的かつ高感度でサンプルを分析し、局所的な機械特性やトライボロジー特性を調べることもできます。 このモードの利点は、HOPGの水吸着研究で実証されています。TRデータからは、ステップエッジの詳細構造がわかります。こうしたデータは、タッピングモードだけでは測定できません。 ねじれ共振トンネリングAFM(TR-TUNA) モジュールは、TRモードとトンネリングAFM(TUNA)の機能の組み合わせを可能にするものです。

ねじれ共振モードを搭載するブルカーの     AFMシステム:

推奨されるAFMプローブ:

Torsional resonance schematic
how torsional resonance mode works on an atomic force microscope