NI Low Dimensional Materials Banner 1154x400px

低次元材料

低次元材料

ナノ粒子、グラフェン、ナノピラー、ナノファイバー・チューブなどの低次元材料は表面積対体積比が大きくなるため、機械的な変形する際、表面状態および小さな構造上の細部が大きく影響を及ぼします。これらの材料の機械的特性評価試験を電子顕微鏡の中でin-situにて行うことで、適切な位置で試験を行い、リアルタイムの変形挙動を材料の応力-ひずみ応答と相関させて考察することが可能です。

ブルカーは低次元材料の理解を促進するために複数の革新的な技術を開発しました。電子顕微鏡(TEM、SEM)とナノ機械的特性評価技術を組み合わせることで、ナノスケールで物質を制御する方法について新たな知見を得ることができます。


Seeing is Believing - 低次元材料のナノ機械的特性評価技術

Nanoparticles 300x225 Bruker

ナノ粒子

TEM、SEM中で試料を観察しながら、測定位置を正確に決定可能。様々な複合材料に用いられるナノ、マイクロサイズの粒子のサイズと強度の関係を定量的に評価。

Graphene 300x225 Bruker

グラフェン

原子単層の機械的特性評価には極めて高い荷重感度が必要。グラフェンなどの2D材料の機械的特性および電気機械的特性を測定するために様々な技術を使用可能。

Nanopillars 300x225 Bruker

ナノピラー・ビーム(梁)

変形をリアルタイムで観察しながら、応力を加えて圧縮または曲げ試験を実施可能。 既知の試験片寸法を用いて、応力-ひずみ、降伏強度、破壊靭性特性などを評価。

Nanofibers 300x225 Bruker

ナノファイバー・チューブ

極めて高い荷重感度と試料調製技術により1D材料の引張特性を測定可能。ブルカーはこれらの材料のマウント、試験、解析のための技術を開発。