DaVinci Webslider 2017.064
Tribology Main banner 1154x400

世界一多目的なトライボロジー試験システム

各種材料の機械・トライボロジー特性の広範な試験が可能に

ブルカーのユニバーサル・メカニカル・テスター(UMT)のプラットフォームは、2000年に最初のモデルがデビューして以来、市販のトライボメーターで最も多目的に幅広い分野で適用されてきました。今回デザインを一新した「UMT TriboLabTM」では、性能面で一切妥協することなく独自のモジュラー・コンセプトによる多目的性を継承、従来機種よりも多くの機能を実現しています。

カタログダウンロード

ブレーキ摩擦材スクリーニング試験アプリケーション・ノートダウンロード 

お問い合わせ

事実、UMT TriboLabは、従来機種や他社製品に比べ、より高速、高トルクで、より最適な摩擦力測定が可能です。加えて、試験効率を高め、より簡単な操作を実現する強力な新機能を搭載。TriboLabは、すべての汎用トライボロジー試験を、ナノおよびマイクロ領域にわたり、実使用に近い環境で実施できます。 幅広い試験能力や、多様な装置構成が可能なことによって、バイオメディカルからマイクロエレクトロニクス、製紙、コーティングまでの広範な産業分野において、さらには石油や航空宇宙、自動車、エンジン、ベアリング、締結部品の製造といった工業プロセス全般にわたって、幅広く使われています。

surface analysis
Brake Kit chamber


産業に特化したソリューションで固有の性能評価を実現


ブルカーでは、TriboLabの多目的性やモジュラー構成といった特長を活かして、個々のアプリケーションや産業で即座に利用できる試験システムを構築・提供しています。テーラーメイドのハードウェア構成要素に加えて、これらのモジュールには、各業界最大手のメーカーらと共同開発された業界標準のソフトウェアが搭載されています。産業に特化したブルカーのソリューションとしては例えば、ブレーキ材のスクリーニング試験や、クラッチ摩擦材のスクリーニング試験、高温硬さ試験などがあります。



モジュール構成の動力ドライブで、多目的性を最大化


工具要らずのクランプ方式を用いた駆動ドライブのスピーディーな段取り替えによって、ユーザーはドライブを容易に位置決めでき、短時間で適切な位置に固定できます。標準ドライブではケーブル接続が不要で、装着リングへのブラインドメイトコネクタ(自動位置合わせ構造のコネクタ)によって、自動的にファンやセンサ、その他エレクトロニクス部品を自動的に装着できます。

UMT tribolab Modules

Tribolab Linear Sensor v1

高負荷・高性能センサ


UMT TriboLabはブルカーの新開発センサ技術の活用によって、高い試験精度と再現性のある試験データを提供します。ノイズを最小限に抑制するよう徹底的に設計を見直したセンサ回路の新型センサ「ゴールド・シリーズ」は、フルスケール精度0.02%という業界トップレベルのノイズレベルを実現します。センサのラインナップは11種類に拡張、1mN~2kNの摩擦力計測をカバーしています。