S1_TITAN_II.png

S1 TITAN

ハンドヘルド蛍光X線分析装置

S1 TITANは、管球を使用した装置として市場で最も軽量な(1.5 kg、バッテリー含む)ハンドヘルドXRF分析装置の一つであり、短い分析所要時間と優れた精度が特徴です。
その他の革新的な特徴としては、一体型カラータッチスクリーン、50 kV X線管球、SMART Grade機能、SharpBeam® による最適化されたX線ジオメトリ、シリコンドリフト検出器 (SDD)、極めて頑丈な防湿・防塵密封式ハウジングなどが挙げられます。S1 TITANが持つ先進性の詳細についてはセールスチームに今すぐコンタクト下さい。

S1 TITANシリーズには、S1 TITAN 800、600、500 および200の4モデルが用意されています。S1 TITAN 800 および600は FAST SDD®が採用され驚異的な高速分析が実現されます。S1 TITAN 500は高速かつ正確なSDDベーシックモデルです。加えて、S1 TITANシリーズには金属合金だけでなく、有害規制物質、鉱物、環境物質といった様々な測定試料に最適な分析プログラムが用意されています。

SharpBeamTM 技術

S1 TITANのSharpBeam技術(特許申請中)により、検出器と管球のジオメトリが最適化されています。最適化されたジオメトリは、以下のような多くの効果をもたらします。

 

  • 使用電力の抑制
  • 重量の減少
  • 測定精度の改善
  • 検出限界値の改善
  • 電池寿命の延長

NEW: 内蔵カメラシステムとスモールスポットコリメータオプション

S1 TITAN には、内蔵カメラと小さな測定スポットサイズが得られるスモールスポットコリメータがそれぞれオプションで選択可能です。
S1 TITAN のSharpBeamTM技術によるジオメトリの最適化によって、標準スポットサイズの精度と正確さを損なうことはありません。測定時間を延長する必要ももちろんありません。このオプションはS1 TITAN 800および600の両機種で選択可能です。

TITAN Detector Shield(ディテクターシールド)

TITAN_Detector_Shield.jpg
  • ハンディーXRFで、旋盤切粉や細素線を分析されていますか?
  • ハンディーXRFの検出器が故障した経験はありますか?

検出器の修理は高額で、しかも修理期間中は装置が使えなくなります。

TITAN Detector Shieldはこのようなリスクを最小限に食い止めることができます! TITAN Detector Shieldの詳細はこちら。

S1 TITANの優位点

  • 用意されている分析プログラム: 金属合金、金や貴金属、バルク材(E-scrapや使用済み触媒)、土壌、鉱物、有害物質、御客様の指定によるカスタム作成も致します
  • すぐれたFAST SDD®検出技術
  • すぐれたカウントレートと分解能(従来のSiPIN装置比)
  • 従来の製品よりも高い分析速度
  • より優れた検出限界
  • 真空装置またはヘリウムガス雰囲気なしで、マグネシウムやアルミニウム、シリコンなどの軽元素の分析が容易(S1 TITAN 800および600)