Conferences and tradeshows

JASIS 2021

2021年11月8日~10日(WebExpoは2021年9月8日~2022年3月15日)

最先端の分析技術を

ブルカージャパンでは、分析機器・科学機器メーカーが一堂に会するアジア最大級の最先端科学・分析システム&ソリューション展である JASIS 2021および WebExpoに出展いたします。


最先端の分析技術を知り、見て、さらに触れていただく機会となるよう、展示ブース・新技術説明会・WebExpoの会場で、皆様のご来場をお待ちしております。

会期と参加登録

【JASIS2021】
会期:2021年11月8日~10日
会場:幕張メッセ国際展示場(千葉県)
ブルカーブース:HALL5 5A-304(中央の縦通路沿い、手前から3ブロック目)

※詳細は公式ホームページでご確認ください

【JASIS WebExpo】
会期:2021年9月8日~2022年3月15日17:00
オンライン開催

※JASIS公式ホームページからログインできます

出展製品・事業部

【オプティクス事業部】 FT-IR(赤外分光計)/顕微FT-IR / FT-NIR(近赤外分光計)/ラマン分光計/ハンドヘルドラマン →製品ページ

コンパクトモデルからハイエンドリサーチ対応型、さらに最新顕微イメージングFT-IR まで、お客様の多様なニーズに答える分光分析装置を実機でご紹介します。

 

【X線事業部】 XRD(X 線回折装置)/ XRF(蛍光X 線分析装置)/ XRM(X線CT、3D X 線顕微鏡)→製品ページ

卓上型のベストセラーX 線回折装置「D2 PHASER」、コンパクトさと高い分析力を両立した蛍光X 線分析装置「S6 JAGUAR」、非破壊で内部構造の可視化が可能な3D X 線顕微鏡「SKYSCAN シリーズ」をご紹介します。

【ダルトニクス事業部】 質量分析の製品ページ [ MALDI TOF(/TOF)MS /ESI-QTOF MS/GC-MSMS ] / MALDI 迅速微生物同定表面プラズモン共鳴 (SPR)

MALDI-TOF 質量分析装置は、品質管理や合成・材料開発で高効率で情報量の多いポリマーを簡便に解析できます。PolyTools ソフトウェアもご紹介いたします。

【ナノ分析事業部】 卓上型微小部XRF(μ-XRF)/電子顕微鏡用EDS、WDS、EBSD、μ-XRF →製品ページ

X 線管球とEDS 検出器を2 本ずつ搭載可能な “2 + 2”タイプなど様々なアプリケーションに対応可能な革新的μ-XRF は従来不可能であった鉱物組成の解析も可能。SEM-EDS など電子顕微鏡に装着する各種元素、結晶方位分析装置もご紹介します。

【バイオスピン事業部】 NMR(核磁気共鳴)/ TD-NMR(時間領域NMR)/ ESR(電子スピン共鳴)/前臨床イメージング →製品ページ

新製品の卓上型 Fourier 80 FT-NMRを展示します!冷媒不要の永久磁石を採用した卓上NMR で、高磁場NMR と同じTopSpin ソフトウェアも使用できます。

 

【ナノ表面計測事業部】 AFM(原子間力顕微鏡)高速バイオAFMAFM-IR( ナノ赤外分光分析)3D 白色干渉型顕微鏡 / ナノインデンター / 摩擦摩耗試験 

複数の材料物性を同時取得可能な高速・高分解能マテリアル向けAFM、ナノオーダーで表面形状の評価を計測する白色干渉計、硬い材料~ソフトマテリアルまで材料の機械特性評価を実現するナノインデンター等幅広い分野に対応するナノ表面計測ソリューションをご紹介します。

新技術説明会

日時 会場 タイトル
11/8(月)11:45-12:10 104 EDXRFで難しい分析をWDXRFで!
高い定量精度と優れたピーク分解能を誇る卓上型WDXRFで実現する高精度分析
     13:45-14:10 105 【新製品】ナノ赤外分光新時代を切り開く! ブルカーの新しいAFM-IR
     15:05-15:30 304 知らないと損をする!これまでの常識を打ち破った蛍光X線分析とは?
     
11/9(火)11:05-11:30
302 Brukerより新世代EDS検出器をリリースいたします!
~新世代EDS検出器とアプリケーションデータのご紹介~
     13:45-14:10 104 ナノインデンター最新技術2021
~ナノスケールの硬さ・弾性率・トライボロジー・粘弾性・in-situ評価技術の最新動向~
     15:45-16:10 304 最新の顕微FT-IRイメージングとマシンラーニングを活用した化学分析
:異物、積層フィルム、マイクロプラスチックへの応用
     
11/10(水)11:05-11:30
105 非破壊内部構造観察ソリューション!!
X線マイクロCT(3D X線顕微鏡)で視るサブミクロンの世界
     12:25-12:50 303 自動車材料のX線回折による分析 - 残留応力評価や電池材料の充放電測定を中心に
     15:45-16:10 103 原子間力顕微鏡(AFM)を用いた高分子・ライスサイエンス材料の表面吸着状態の高分解能観察
Bruker QNMと新Ringing modeの紹介