顕微鏡搭載型ナノインデンター

ハイジトロン IntraSpect 360

破壊などの力学現象をX線顕微鏡(XRM/X-CT)内でin-situ観察
Hysitron IntraSpect 360

ハイライト

定量的ナノ機械特性評価

ハイジトロンIntraSpect 360 (インストラスペクト360 )

ブルカーは新たな力学特性評価試験のin-situ観察システム、IntraSpect 360(イントラスペクト 360)をご提供します。IntraSpect 360は、X線顕微鏡(XRM/X-CT)やビームラインでin-situ観察しながら、定量的な力学特性評価を行う装置です。押し込み試験、圧縮試験、疲労試験、曲げ試験の結果を観察した2D、3D画像と相関させることで、新たな知見を得ることが可能です。

Performech
TriboScanを使用した高度な制御モジュール
自動データ分析により、フィードバック制御された正確なナノメカニカルテストを保証します。
360°X線
透明表示ウィンドウ
破壊、はく離などが生じる様子をμCTにより観察できるよう、イメージングを妨げないように、シームレスなX線透過透明ウィンドウを備えています。
テクノロジー
ブルカー独自の容量性トランスデューサ技術
繊維マトリックス界面での亀裂伝播や溶接接合部のボイドの挙動など、4Dの材料故障解析試験において卓越したレベルの安定性を実現しました。

特長

荷重または変位制御

試験モード

ナノインデンテーション

圧縮試験

曲げ試験

疲労試験

最先端技術により最高のパフォーマンスを提供

サザンイエローパインのインシチュインデント試験からの負荷変位データと、テスト中に取得した一連の2D画像スライス。荷重は横面に垂直に適用され、長手方向平面で変形が観察された。

IntraSpect 360には、ブルカー独自の3枚板の静電容量型トランスデューサー技術と圧電ロードセルの組み合わせにより構成されています。この組み合わせにより、利用可能な変位範囲の広さと超低ノイズフロアの両立を実現しました。また、熱の発生が非常に少ない設計のため、測定時の熱ドリフトを抑え、安定した状態で測定を行うことができます。ノイズフロアが小さいこと、熱ドリフトを抑えることは、時にデータ収集に時間がかかるコンピュータ断層撮影法(μCT)の画像処理プロセスでは非常に重要です。ブルカーのリファレンス周波数補正技術と組み合わせて、ドリフト補正を行うことで、168時間の長時間の測定も実施することが可能です。このシステムには、ブルカーのPerformech Advanced Control ModuleとTriboScanソフトウェアが含まれており、正確なフィードバック制御のナノメカニカルテストと自動データ解析が可能です。

究極のパフォーマンスのための独自のデザイン

IntraSpect 360には、イメージングを妨げないように、シームレスなX線透過透明ウィンドウを備えています。このウィンドウを搭載することで、破壊、はく離などが生じる様子をμCTにより観察できます。また、最大10Nの最大荷重と80μmの変位で試験できるように設計。幅広い荷重・変位レンジにより、複合材料、セラミックス、金属、バイオマテリアルなど幅広い材料の内部変形プロセスの観察を可能にしました。ブルカーの革新的ナノインデンテーション装置に搭載しているトランスデューサーをIntraSpect 360にも採用。繊維マトリックス界面での亀裂伝播や溶接接合部のボイドの挙動など、4Dの材料故障解析試験において卓越したレベルの安定性を実現しました。

お問合せ

お問合せ

※必須フィールドにご記入ください。

名を入力してください
姓を入力してください
電子メール アドレスを入力してください
会社/教育機関を入力してください
私の現在の状況を最もよく表すもの
私は私の近くのウェビナーの招待状、製品のアナウンスやイベントを受信できるように、あなたの電子メールのサブスクリプションリストに私を追加してください。
利用規約に同意してください

このサイトはreCAPTCHAとGoogleで保護されています。 プライバシーポリシー そして サービス規約が 適用されます。.