ALPHA II Touch PLATINUM ATR FTIR

FTIRの基礎

赤外線分光法(IR)とは、電磁スペクトルの赤外領域で多くの分子が光を吸収して分子振動に変換するという性質を利用したものです。この吸収とは具体的には、分子内の結合に該当します。スペクトロメータを使用することで、試料の材料によるこの赤外線放射の吸収が波長に対比させて測定されます(通常は4000~600 cm-1の波数)。

結果は、有機試料および無機試料をスクリーニング、スキャン、および識別するために使用することができる独特の「分子指紋」をもたらすスペクトルとなります。

ATR spectrum polycarbonate

フーリエ変換赤外線分光法(FTIR)とは?

FTIRでは、さまざまな単一波長(分散的)で試料に連続的に照射する代わりに、すべてのスペクトルデータを一度に収集することが可能です。このためには、連続光源で幅広い赤外波長域にわたり光を生成する必要があります。そして赤外線は干渉計を通り抜けた後、試料に向けられます。

このようにして、鏡の位置の関数として光の強度を表す幾分生の信号であるインターフェログラムが生成されます。この信号は最初にフーリエ変換(FT)に変換して、より馴染みのある強度 vs. 波数のIRプロットを生成する必要があります。このような理由で、「FT-IR」または「FTIR」という名称が付けられています。

なぜFTIRを使用するのか?

FTIRスペクトルの取得が従来の分散的な機器を使用したときよりもはるかに迅速に行えるからだけではありません。これらのスペクトルは著しく高いSN比を示し、また波長目盛りがとても高い精度のレーザーでキャリブレーションされるため、得られるスペクトルの波長精度がはるかに高いからなのです。

FTIRはどのように測定するのか?

測定方法は、分析の対象となる試料により異なります。従来的に、固体の試料はIR透明臭化カリウム(KBr)でひかれ、加圧されてペレットにされるか、薄く切ってKBrウィンドウに配置される一方、液体は直接測定されるか、IR透明溶媒(CCl4など)で希釈されます。

現在では、この面倒な調製方法は多くの場合、ATR FTIR分光法にとって代わられています。これは、ほぼ非破壊で、固体や液体を現在の状態で分析するのに適した技術です。

ATRとは?

ATRとは、「Attenuated Total Reflection(減衰全反射)」の頭字語で、FTIRスペクトルを測定するための標準的な技術となっています。赤外線は、特定の物質(ダイヤモンド、セレン化亜鉛、またはゲルマニウム)の結晶を通過し、加圧されて結晶となった試料と相互作用します。

ここから、すべての物質固有の特性を示すスペクトルが得られ、その一方で観察される吸収帯の強度比は物理的な影響により従来の透過スペクトルとは異なる可能性があります.

FTIR分析についてより詳しく知るには、当社のインタラクティブなIRチュートリアルをダウンロードするか、当社が制作した一連の教育ビデオをご覧ください。それらの媒体を通して、FTIRスペクトルを測定する手順と取得したデータを評価する手順について学ぶことができます。

Coming soon!