APCI II Ion Source

大気圧化学イオン化 (APCI) は、EIS が十分な量のイオンを送ることができない極性の低い化合物に使用されます。ESI と対照的に、主に一価のイオンを生成します。

APCI は、ネブライザー ニードルの中にある試料を加熱することで、溶媒の蒸発が行われるため、熱的に不安定な化合物の場合に限られます。APCI は、メタボロミクスのほか、薬品や殺虫剤のスクリーニングにも使用されます。

新型の Bruker APCI II イオン源は、もちろん Bruker のユニークなDirectProbe オプション DIP と互換性があります。直接噴射プローブは、固体の高速分析を可能にする新しい高性能な固体試料導入法です。試料分離は、使い捨てガラス キャピラリーを固体試料に漬けるのと同じくらい簡単です。

APCI_Overview.jpg
関連情報