磁気共鳴分光法

ブルカーは、NMR、EPR、前臨床磁気共鳴イメージング(MRI)などの分析用磁気共鳴装置で、市場を牽引しています。

強磁場に置いた後のエネルギーレベルの変化を検出する磁気共鳴は、強力な各種分析研究ツールの基礎となっています。磁気共鳴分光法(Magnetic Resonance Spectroscopy、MRS)は、多様な研究や臨床および産業に用いられる核磁気共鳴分光法、前臨床MRI(NMR)や電子常磁性共鳴法(EPR)などの様々な技術を含んでいます。
非侵襲、非破壊という特徴を持つMRSでは、生存細胞・生存組織の研究および溶液・体液の詳細な分析が可能です。磁気共鳴分析手法の組み合わせにより、機能に関する情報と解剖学的な情報の両方が得られるため、両者の関係を解明することができます。
健康および疾病状態の尿検体と血液検体のMRS分析から、様々な疾患の発症リスクの評価および特定の化学療法の治療効果の予測に役立つバイオマーカーが特定されました。
Brukerは、NMR、時間領域(TD-)NMR、EPR、前臨床磁気共鳴イメージング法(MRI)などの磁気共鳴分光法の分野のマーケットリーダーです。
また、BrukerはNMRとMRIソリューションに向けた超伝導マグネットと超高磁場マグネットのトップメーカーでもあります。