IProbe 1154x400

iProbe: 次世代の NMR プローブ

高品位の iProbe シリーズ製品は、ルーチン化学分析用の NMR に標準で付属します。iProbe シリーズは、さらに2種類のプローブに展開されています。

iProbe CPMAS

完全に自動化されたワークフローを目指して設計された iProbe CPMAS は、サンプルチェンジャーに対応するだけでなく、固体 MAS (magic angle spinning) 実験用に、自動マジックアングル較正、自動チューニング及びマッチングが行える点が特長です。iProbe CPMAS では、本当に最適化された結果を自動で得ることができます。400,500 及び 600 MHz システムの HX チャンネルでご利用いただけます。

iProbe TBO

iProbe シリーズには、製薬や生化学、ポリマー分析の際の特にフッ素化合物の検出のために開発された、iProbe TBO 即ち三重共鳴ブロードバンド NMR プローブも加わりました。iProbe TBO は、31Pから15N までの全ての核種を、1H 及び  19F 同時デカップリングで検出することができます。これはプローブ交換の手間を省き、複数のプローブを保有する必要がなくなることを意味します。優良な iProbe に 19F 検出の機能が加わったことで、 ヘテロ原子核に妥協する必要がなくなり、実質的にプロトンの感度を損なうことのない結果が得られます。全てのチャンネルで自動チューニング及びマッチングが可能となり、完全自動化を実現しました。

iProbe シリーズの特長

新しい世代の Bruker iProbe が設定する NMR 標準:

  • シグナルノイズ比及びパルス幅のパフォーマンス向上
  • AVANCE NEO で外部 RF フィルターを必要としない SmartProbe
  • >50 G/cm @10A のパルスフィールドグラジエント
  • 2G ATMA の高速自動チューニング及びマッチング
  • 自動プローブ認識 (ID, 核種, RF, T-range, ...)
  • 迅速容易なプローブ交換を可能にする、人間工学に基づいて改良されたデザイン
  • 統合された VT アダプター