マイクロ・イメージングプローブ

イメージングプローブとグラジェントシステムの概要

Avanceイメージングシステムは基礎医学、生物学、材料科学の研究分野であらゆるサンプルにおいて最適な機能性と高い性能を提供します。ブルカーは2種類のイメージングプローブを用意しています:生体サンプル、動植物の生命活動を維持し支持する組織を扱うインビボ・イメージングプローブと材料科学向けの従来型イメージングプローブです。

スタンダードボア

Micro 5 イメージングプローブ

Micro 5 イメージングプローブは標準ボア径マグネット(52mm ID)を装備した研究系に向け開発され、小さな試料1mm以下から最大10mm用となります。

ワイドボア

Micro 2.5 イメージングプローブ

Micro 2.5 イメージングプローブは小さな試料(最大径30㎜)のマイクロ・イメージングに開発され、ワイドボア径マグネット(内径89㎜)に対応します。

MicroMouse 2.5システムの変形でプローブベースと共振器部が変更され高い傾斜磁場を用いた小動物研究(最大30g)程度のマウスに対応します。

The Mini 0.5とMini0.5 AHS/RFプローブ

The Mini 0.5とMini0.5 AHS/RFプローブはより大きな試料や小動物(最大径38㎜)のマイクロ・イメージング向けに開発され、ワイドボア径マグネット(内径89㎜)に対応します。

MiniWB57R / Mini 0.75グラジェントシステム

MiniWB57R / Mini 0.75グラジェントシステムは大きな動物のマイクロ・イメージング向けに開発され、プローブ本体には交換可能な内径35mmの共振器が組み込まれています。例えば、ラットの脳や表面コイルを用いて腹部の研究などに応用可能です。

Micro 2.5 イメージングプローブ

Micro 2.5 イメージングプローブは小さな試料(最大径30㎜)のマイクロ・イメージングに開発され、ワイドボア径マグネット(内径89㎜)に対応します。

MicroMouse 2.5システムの変形でプローブベースと共振器部が変更され高い傾斜磁場を用いた小動物研究(最大30g)程度のマウスに対応します。

The Mini 0.36とMini 0.36 AHS/RFプローブ

The Mini 0.36とMini 0.36 AHS/RFプローブは縦型スーパーワイドボアマグネットに対応し、9.4テスラまでの磁場高でマイクロ・イメージング研究にご利用いただいてきましたが、現在では、11.7テスラ(500MHz)までのシステムで大きな試料の研究にご利用頂いております。

nmr-probes-microimaging.jpg

スーパーワイドボア

The Mini 0.36とMini 0.36 AHS/RFプローブ

The Mini 0.36とMini 0.36 AHS/RFプローブは縦型スーパーワイドボアマグネットに対応し、9.4テスラまでの磁場高でマイクロ・イメージング研究にご利用いただいてきましたが、現在では、11.7テスラ(500MHz)までのシステムで大きな試料の研究にご利用頂いております。