超高速 MAS プローブ

最大 111 kHzの高速回転

近年の超高速回転が可能なMAS システムの開発によって、新しく魅力的な固体NMR実験が多数生み出され、スピン操作に新たな世界を切り拓いています。NMR 実験のサイクル時間よりも、初めて実際の典型的な回転周期の方が短くなりました。

この貢献は、1990年代半ばに 35 kHz を達成したことに始まり、 111 kHz の回転を可能にする最新の 0.7 mm MAS システムの開発へとつながりました。