CMC-q banner

NMRの化合物ライブラリーを用いた自動定量

Complete Molecular Confidence for quantification (CMC-q)

Complete Molecular Confidence for quantification(CMC-q)は、NMRベースで複数のバッチの品質保証を自動で行うための完璧なワークフローソリューションです。

 

  • 大量のサンプルバッチに対しても、NMRによる自動化された品質保証と定量解析を短時間で実行できます。典型的なスクリーニング用サンプルにおける濃度や水分含量の情報を高い精度と正確性で算出します。また、疑問のある構造にはマークを付け、スペクトルの帰属の候補を示します。これらの結果は、たとえばBrukerSmartFormulaプログラムなどで得られるLC-MS情報によって補完されるのが理想的です。
  • ファイルを読み込み、書き出す操作方式で、測定するサンプルを記述した入力ファイルをユーザーがCMC-qに読み込ませると、結果の出力ファイルが生成
  • スペクトル解釈の機能では、個々のデータセットを解析したり、論文発表やさらなる解析のためにスペクトルを整えることも可能
  • 実験のセットアップをコントロール
  • データ測定と処理の管理
  • データの自動解析
  • 操作の簡単なビューアを使って結果を表示、編集が可能
  • Excel形式やテキストファイルへの結果のエクスポート

CMC-qのワークフロー

セットアップ

  • ウェルプレートからサンプルを準備
  • サンプルにはSDファイルが付属
  • SDファイルを使用して実験をセットアップ

測定

  • 重水素化溶媒用の標準的なNMR実験パラメーター、非重水素化DMSO溶液中の代表的なスクリーニングサンプル
  • 自動のNMR 濃度と水分含量分析 (非重水素化DMSO溶液保管サンプル)、最も妥当性のある帰属の提案

レポート

  • 見やすく編集ができ、Excelやtextフォーマットに出力可能な自動レポート生成

LabScape

磁気共鳴と前臨床イメージングのサービスおよびライフサイクルサポート

ブルカーは、初回のお問い合わせから、評価、取り付けまでの購買サイクル全体を通して、最高のサポートをお客様にご提供します。また、お買い上げ機器の有効期間については LabScapeサービスコンセプト.に記載しております。

LabScapeの「保守契約」、「オンサイト・オンデマンド」、「エンハンス・ユア・ラボ」は、最新の研究室のメンテナンスおよびサービスに対する新しいアプローチを提供するように設計されています。

パンフレットのダウンロードはこちら