DimensionFastScan banner
Nanoelectrical webslider 2018.007v2
Nanomechanical webslider 2017.074

Dimension FastScan

On Off

最高の分解能によるイメージングをいつでも、毎回実現

瞬時のフォース測定と直線的なコントロールループを結びつけるFastScanとPeakForce Tapping®

FastScan DNA v2

低(5 mM) NiCl2濃度を用いて雲母に固定したプラスミドDNA鎖。鎖全体に沿って、主溝、副溝、らせん構造の右旋性がはっきりと見てとれる。リンク

 

 

 

 

 

 

DNA副溝レベルの分解能を常に実現

 

 

 

 

 

 

硬質で平らな結晶以外でも、点欠陥の次元的および機械的分解能を実現。

Fasct Scan Stiffness and adhesion v1

点欠陥分解能による方解石の剛性イメージ。イメージサイズ15 nm(パネル1)。分子以下の分解能によるiPMMAフィルムの付着力イメージ。イメージサイズ100 nm(パネル2)。試料提供:Thurn-Albrecht博士、Martin-Luther-Universität Halle-Wittenberg。

Slide 1 mockup short

水平分解能を最大化するには、近さを保ちながらも、近づきすぎないことが重要。PeakForce Tappingの独自設計により、それが可能になっている。チップと試料の相互作用の詳細なモデリングについては、Physical Review B 56(7), 4159, 1992リンク およびChemical Review 88, 927 (1988) リンクを参照

 

 

 

 

試料のあらゆる原子に合わせてピンポイントでフォースを調整

 

 

 

 

 

ペロブスカイト、グラフェン、2D材料研究をすぐにスタート

 

 

MM8 HR green v3

六角形の窒化ホウ素上にあるグラフェンのPeakForce QNM®モジュラスイメージ。高度に局所化した張力緩和の位置に沿って、整合格子への転移が見てとれる。 Nature Physics 10, 451–456 (2014). リンク

詳細

Multimode 8-HR AFM

高速分析を実現し、リアルタイムの変化を観察できる帯域幅

高速と高分解能を思いのままに操れる帯域幅

中間相ポリジエチルシロキサンの相転移における異方性の発現をとらえた高速イメージング。

 

 

 

 

 

 

ナノスケールの力学を高速で記録

 

 

 

 

 

 

分析困難なトポグラフィを測定

 

 

c2c12幹細胞の移動。膜流動とその下の細胞骨格の両方が細胞の動きに寄与していることがとらえられている。

FastScan Amorphus drug formulationsv1

非晶質薬の処方研究。60分で60地点を捕捉。試料提供:M. E. Lauer、O. Grassmann、F. Hoffmann-LaRoche、スイス、バーゼル

 

 

 

 

 

 

 

スピードと安定性が融合

 

 

 

 

 

最速のAFMスピード— 試料サイズにはまったく影響されません。

FastScan measurments v2

ウエハ全体におけるオングストロームレベルの粗さ測定。2時間で96回測定。

Fast tapping on ITOv2

 

 

高分解能IconヘッドとFast Tapping使用時もスキャン速度を向上

詳細

Dimension FastScan AFM

限りない可能性—柔軟性の高いオープンなアーキテクチャ

Unlimited Potential s1v1

 

 

 

 

バッテリー、有機太陽電池などに対応する完璧な環境ソリューション

 

 

 

さまざまな独自モードの第一人者に;存在しない場合は、創出が可能。

Unlimited Potentail S2v1

COM、ブレイクアウトボックス、ナノマン/リソ、フォーススクリプティングなど、もっとも使いやすい方法でソフトウェアとエレクトロニクスに直接アクセス

FastScan Coding v1

左:NanoScopeへのCOMアクセスを用いた機器統合例。右:C++環境でのNanoScriptプログラミング。

FastScan Custom collage v2

左:グローブボックス中でのAFM-ラマンの連動。右:フォトコンダクティブAFMアクセサリ。

 

 

 

オープンなプラットフォームを修正し、あらゆる追加テクニックを連動。

コードをつくって学習。

詳細

包括的な定量的ナノスケール特性データを取得

期待を刷新。






信頼性の高いナノスケールの粘弾性評価

Pspmma image icon more v1

損失モジュラスによる偽色を伴うサンプルトポグラフィを表す3D表面。 青色領域はより高い損失弾性率を有し、赤色領域はPSマトリックスおよびPMMA含有物にそれぞれ対応する低損失弾性率である。 BrukerのFASTForce Volume Nanomechanicsモードによる接触共振によって生成された損失弾性率マップ。 5μmスキャン、〜590kHz、256x256ピクセル。

FastScan syndiotactic polypropylene domains v1

PMMA(緑)基質で囲まれたシンジオタクチックポリプロピレン領域(紫)。モジュラスで色付けしたトポグラフィデータにより、構成要素を簡単に識別することができる。これにより、シンジオタクチックポリプロピレンがPMMA基質で広がり、薄層を形成していることが明らかになっている。イメージサイズ8 µm。

 

 

 

 

 

機械的データをごく普通に定量可能。

More...

Dimension Icon

AFMを用いた最先端の研究向けのナノエレクトリカル測定、ナノケミカル測定データの取得

 

 

 

 

 

これまでは分析不可能だった試料の電気的分析が可能。

 

 

Capture the most s1v1

垂直に立つカーボンナノチューブの電流イメージング。PeakForce TUNA®でのみ可能。

Capture the most s2v1

左:PeakForce Capture™による原子スケールのフォースキューブ。垂直(XZ)断面の各原子の位置がわかる。右:溶媒構造の証拠を示す平均化したPeakForce Captureデータ。

 

 

 

 

 

フォースキューブ全体を捕捉し、接触メカニクスの特徴を完全に分析。




原子の化学情報をリアルタイムで分析。

FastScan Realtime v1

PeakForce Tapping高さイメージ(左)とフォースカーブ(右)。方解石と雲母の表面原子配置と原子スケールのチップ-試料相互作用の違いを示している。

詳細

驚くほどのシンプルさ

研究に集中。

完全に無人かつ自動の自己最適化のイメージングにより、6種類のサンプルのイメージを10分以内で取得。いずれのケースでも論文品質のイメージが得られている。

 

 

 

 

 

ユーザーをすぐにエキスパートに変えるハードウェア、ソフトウェア、コントロールアルゴリズム

 

 

 

 

 

 

NanoScope®は、世界でもっとも採用され、文献での引用回数がもっとも多いAFM製品です。

FastScan Publication Graph v2

ブルカーのエキスパートを紹介。












いつもあなたとともに。