MM8_app_1x450.png

材料およびポリマー科学

AFMテクニックは、ナノコンポジット材料特性のナノスケール分析にきわめて適しています。

ブルカーのAFMは、材料およびポリマー科学の分野で広く用いられています。AFMテクニックは、ナノコンポジット材料特性のナノスケール分析にきわめて適しています。ブルカー独自のPeakForce QNMモードでは、幅広い範囲(kPa~GPa)の弾性率を含めたナノメカニカル特性の高速/高分解能マッピングが可能です。ブルカーのほとんどのAFMでは、高温加熱冷却オプションも提供しています。このオプションは、たとえばポリマー相転移などに使用できます。そのほか、熱分析、電気的特性マッピング(電流およびキャパシタンス)、ナノインデンテーションなどの幅広いテクニックも利用可能です。

Back
MM8-biological-450x354.png

生物学研究

ブルカーのAFMは、分子生物学、細胞生物学、メカノバイオロジー、生体材料、生物物理学といった幅広いバイオアプリケーションで用いられています。

ブルカーのAFMは、分子生物学、細胞生物学、メカノバイオロジー、生体材料、生物物理学といった幅広いバイオアプリケーションで用いられています。ブルカーのAFMはいずれも、液中での操作に適しています。そのうちの多くは、灌流および加熱オプションを利用できます。ブルカー独自のScanAsyst モードは、バイオサンプルの分析に理想的なAFMイメージングモードです。ScanAsystモードを使えば、カンチレバー共振の「チューニング」という複雑な手順が不要になります。また、チップとサンプルの相互作用力を直接コントロールすることで、設定値のドリフトの影響を受けない安定したイメージングを実現し、イメージングパラメータを自動的に最適化します。これにより、エキスパート品質の分析結果をより迅速かつ簡単に得られます。

Back
MM8-QNM-450x450.png

定量的ナノメカニカルおよびナノエレクトリカル分析

ブルカー独自のPeakForce QNMモードでは、幅広い範囲(kPa~GPa)の弾性率を含めたナノメカニカル特性の高速/高分解能マッピングが可能です。

ブルカー独自のPeakForce QNMモードでは、幅広い範囲(kPa~GPa)の弾性率を含めたナノメカニカル特性の高速/高分解能マッピングが可能です。モジュール形式を採用した独自のアプリケーションモジュールにより、電流マッピング(コンダクティブAFM)、低電流マッピング(「トンネリングAFM」、TUNA)、幅広い電流測定(走査型拡がり抵抗、SSRM)といったさまざまな電気測定が可能になります。ブルカー独自のPeakForceタッピング技術により、革新的なPeakForce TUNAモードが実現しました。このモードは、PeakForce QNMの優れたフォース制御およびナノメカニカルマッピング機能と、TUNAの優れた電流感度を組み合わせたものです。また、PeakForce KPFMにより、分解能と感度が向上した新たな表面電位マッピングも可能になりました。

Back
MM8-EC-450x295.png

電気化学

ブルカーでは、ナノスケールでの電気化学AFMおよびSTM測定に対応する幅広いアクセサリーを提供しています。

ブルカーでは、ナノスケールでの電気化学AFMおよびSTM測定に対応する幅広いアクセサリーを提供しています。これらのアクセサリーは、腐食、電気めっき、電池などの研究分野で広く用いられています。最先端のリチウムイオン電池研究を可能にしているのが、ブルカー独自の使いやすいグローブボックスソリューションです。このソリューションは、AFMのすべての機能と性能を維持しながら、サブppmレベルでの水と酸素の制御を可能にするものです。

Back