農薬と毒素のスクリーニング

どのようにして Bruker の先進的スクリーニング法が、食品中の農薬や毒素が引き起こす難問に対処するのか。

農薬と他の潜在的に危険な毒素の数は絶えず増え続け、特別な分析的難題を引き起こしています。食品に毒素が存在しているかを正確に、信頼性高くスクリーニングし、栄養素の安全性と品質を確保することは非常に重要です。そうするために、弊社は数百の異なる有毒物質の取扱方法についての知識を持つ必要があります。

Bruker は、各試料のスクリーニング中の毒性物質の同定と定量のための要件を満足するソリューションをお届けします。Bruker の高性能 TOF-MS は、あらゆるスクリーニング作業に理想的に適しています。そして、Bruker の SCION シリーズが、GC-MS の新たな業界基準を設けます。その簡単な使い易さ、感度、堅牢性、そして性能によって、SCION ソリューションを食品安全性で重要な技術にします。