IR3 broadband webslider 2019.089v2

Bruker製nanoIR3-s Broadbandは、最先端の散乱型SNOM (s-SNOM) 技術に基づくナノスケールFTIR分光システムであり、業界最高水準のブロードバンド赤外光(670 〜 4,000 cm-1)による高分解能のナノケミカル・ナノ光学イメージを提供します。本システムは、業界をリードするAnasys nanoIR3-sプラットフォームと最新のOPO/DEFフェムト秒レーザー技術を組み合わせることで、比類のないレベルの装置性能、統合性および柔軟性を実現します

nanoIR3-s Broadbandの特徴:

  • ブロードバンド赤外光によるスペクトル測定と高分解能ナノケミカルイメージング„
  • 2D / グラフェン材料に対し最高品質のスペクトル測定とイメージング
  • ナノスケールの材料特性マッピング技術とサンプル環境制御オプション

データシートのダウンロード


S SNOM Phase Spectrum

Nano FTIR Spectroscopy for 2D Materials

DS203 figure

nanoIR3-s Broadbandシステムを利用することで、二次元材料、生体材料、触媒材料、高分子材料などのこれまで分析することのできなかった広範な研究領域において、新しい発見を生み出すことが可能です

Complementary High-Resolution Imaging

Image4

グラフェンプラモニクスや、六方晶窒化ホウ素 (h-BN) の表面フォノンポラリトン、生体試料やその他の有機試料のケミカルイメージなど、幅広い光学現象の特性評価のための高品質・高解像度のナノ光学イメージを取得できます。

左に示す空間スペクトルスキャンによる近接場光画像では、200 cm⁻¹の波数領域におけるh-BNフレークの表面フォノンポラリトンの周波数応答を3 cm⁻¹のスペクトル分解能、10 cm⁻¹のイメージステップで表している。測定範囲:1.5×1.5 µm2、ピクセルサイズ:10 nm