Hot hardness testing UMT tibolab2

高温材料試験

多くの産業用途において、高温下での生産や試験を通じて、効率や成果の改善が図られています。金属の熱間加工、有害な温室効果ガスを除去する触媒プロセス、あるいは石油化学プロセスといったアプリケーションではいずれも、材料に対して、高温での強度を保持することが要求されます。そのため、高温使用条件下での各種材料の比較評価が有用です。

HBB試験手法を用いて3種の合金を昇温下で計測した硬度の比較
Comparison of hardness measured at elevated temperatures for three different alloys using the HBB test method.

UMT 機械的特性評価試験機は、モジュラー式の多目的機械的特性評価試験機で、多種多様な工業用高温アプリケーションをシミュレートして、プラスチックから軟質金属、合金までの種々の材料を評価できます。

 

ブルカーのUMT Tribolabを用いた低温・高温材料試験に関する詳しい情報については、以下のリンクをクリックしてください。

 

高温硬さ試験

同じ試料に、硬さ試験および摩耗試験を実施できます。写真は、UMTの1000℃回転チャンバー
Hardness and wear testing can be conducted on the same sample. Shown: UMT 1000°C rotary chamber.
passive roller system, aluminum hot rolling studies
Figure 1. Passive roller system used for simulation of hot rolling.