Camera2.jpg

S1 TITAN カメラ機構とスモールスポットコリメータ

  • S1 TITAN は測定箇所の可視化と精密な位置決めのため、組み込み型のカメラが装備できます。
  • 試験する試料で、測定したい箇所としたくない箇所があるような場合、測定スポットが小さいと便利な時があります。

S1 TITANではSharpBeamTM技術によりX線源と検出器のジオメトリーが最適化されています。このため長い時間をかけて測定しなくてはならないなどといった 性能が犠牲になることがなく、通常のスポットサイズと同様の測定が可能です。

 F特徴:

  • スモールスポットでは試料の測定位置の精密な特定が可能です

    • S1 TITAN 800: 標準5mm(オプションにて8mm または 3mmが選択可能)
    • S1 TITAN 600, 300 and 200: 標準5mm

  • カメラ機構により正確な測定位置決めが実現されます

    • S1 TITAN 800: 標準装着
    • S1 TITAN 600: オプション
    • S1 TITAN 300: オプション
    • S1 TITAN 200: 装着不可

  • 1測定で最大5枚の写真撮影が可能
  • 測定箇所の記録になります
  • 報告書にインポートできます
  • 解像度: 640 x 480

これらオプションについてのご質問は はこちらへどうぞ!

S1_TITAN_Camera_1.jpg
Screen capture from S1 TITAN
S1 TITAN with Camera & Small Spot
Screen capture from S1 TITAN
S1_TITAN_sample_report.jpg
Sample Report

これらオプションについてのご質問は こちらへどうぞ!