電子顕微鏡アナライザー

QUANTAX EBSD

比類のないパフォーマンスを実現する軸上TKD

最高の空間分解能

低プローブ電流

QUANTAX EBSD eFlashHD BRUKER

ハイライト

1.5
nm
効果的な空間分解能
ユニークな軸上TKDが、サンプルと検出器の最適なジオメトリを提供します
2
nA
必要な最大プローブ電流
速度とデータ品質を保ったままで、軸上TKDによる低プローブ電流測定が可能です
125,000
pps
FSE, BSE, STEM画像の超高速取得
ARGUSイメージングシステムにより、数秒でハイコントラスト&低ノイズイメージングが可能です

比類のない空間分解能によるナノ材料のオリエンテーションマッピング

人気のOPTIMUS TKD検出器ヘッドを備えたQUANTAX EBSDシステムは、SEMによるナノ材料分析に最良のソリューションです。

  • 最小1.5 nmの空間解像度
  • 速度やデータ品質を損なうことなく、低いプローブ電流で動作
  • 浸漬レンズ技術を用いた超高分解能で動作する唯一のTKDソリューション
  • 全自動・組み込みの ARGUSイメージングシステム

利点

軸上TKD によるメリット

  • 最高の空間分解能を実現
  • SEM による方位と位相マッピング
  • データ品質/整合性を損なうことなく高速マッピングを実現
  • 高速かつ全自動の信号最適化による、優れたコントラストと分解能を持つSTEM像を取得可能
  • 低いプローブ電流による、ビームに敏感な材料も分析可能

ニュース&イベント

詳細

関連資料と出版物