電子顕微鏡アナライザー

QUANTAX EDS(TEM)

STEM, TEM, T-SEM 向け EDS

ナノスケールの元素マッピング

定量的な元素マッピング

QUANTAX EDS for TEM

ハイライト

>15
TEMにおけるシリコンドリフト検出器の経験
検出器材料と駆動エレクトロニクスは、原子分解能でも高速で正確かつ信頼性の高いデータを取得し、ハイエンドのTEM性能への干渉を防ぐように設計されています
80
keV
元素番号と定量化のための前例のない最大エネルギー
定量的なEDSのためのTEMに特化した高エネルギー電子
1
原子
単原子IDと原子カラムマッピング
ハイエンドの高輝度のコールドFEG収差補正STEMと、高い立体角を持つXFlash 6T検出器を組み合わせて、数秒以内に単原子の識別が可能です

ナノスケールにおけるTEM、STEMおよびSEM(T-SEM)でのEDS元素マッピング

明確で用途の広い測定セットアップとスリムライン形状により、日常的に速く信頼できるTEM EDSデータを保証します。ハイパーマップまたはスペクトル画像と呼ばれるハイパースペクトル画像を取得することができます。ピクセルあたりのスペクトルと、正しい定量分析に必要なすべてのメタデータは、調査と処理のために保存されます。

  • 各顕微鏡ポールピースタイプのスリムライン設計と配置の最適化により、最大の収束角と取り出し角を確保します。
  • 試料の傾き、吸収、影、システムのピークを避けるのに役立ちます。
  • ウィンドウレスの検出器は、特に軽元素のK線、L線、M線、およびさらに外側の線で、検出効率を向上させます。
  • デフォルトの自動リトラクションとカスタマイズにより、長い検出器の寿命と多目的な実験が保証されます。
  • 温度のような変化するデータを含むin situ実験のためのEDS機能
  • ESPRITソフトウエアによって、データ分析をオンラインおよびオフラインで実施

利点

オンラインおよびオフライン TEM EDS 用ソフトウェア

TEM 用 QUANTAX EDS には、柔軟で透過的な分析ソフトウェア パッケージ ESPRITが含まれています。いわゆるHyperMapsまたはスペクトル画像と言われる元素マッピングや、定量的元素マップの生成のためのデータマイニングを迅速かつ包括的に行えます。スペクトル、オブジェクト、ラインスキャン、元素マッピングのための規格および非規格の定量化ルーチンは、PCAベースの相分析と自動化された統計的な粒子解析も含んでいます。

  • 学生または研究室のネットワーク用のハードウェアキーや LAN オプションを備えたオフライン解析ソフトウェア
  • オープンで透明性の高いユーザーインターフェイス
  • EDSデータの定量化ルーチンの設定、変更、保存/再読み込みを簡単に
  • 電子透過サンプルの2つの定量方法:Cliff-Lorimer法とZeta-Factor法
  • 理論的なCliff-Lorimer係数は、大規模に更新された原子データベースによって、SEM(STEM)の低電圧を含む、あらゆる電圧について計算することが可能
  • 標準的なサンプルを使用した実験的なCliff-LorimerおよびZeta-Factorsの、簡単なソフトウェアガイド付きのキャリブレーション
  • 規格でカバーできないZeta-Factorsは、既存のCliff-Lorimer係数を使用して計算することが可能
  • バックグラウンドモデルの選択:薄いサンプル、厚いサンプル向けの物理的、数学的なモデル
  • レポートの生成と印刷の書式設定

アプリケーション

あなたの分析課題は何ですか?

酵母細胞の明るいフィールド画像と単一要素マップ

ライフサイエンス向けのEDS

S/TEM の EDS は、材料内の複数の元素を一度に決定する必要がある場合に特に便利です。これは、かなりの数のライフサイエンスのアプリケーションに当てはまります。
In-situ element map

In-situ Element Mapping at Elevated Temperatures

The use of heating holders, or any other in-situ reaction cells, which are suitable for electron microscopy and EDS, allows to monitor the effect of materials treatment in-situ or in-operando in the electron microscope. This means that information on changes in structure and element composition is available qualitatively and quantitavely with high spatial resolution.
酵母細胞の明るいフィールド画像と単一要素マップ

Pd-Pt コアシェル粒子の定性的および定量マッピング

コアシェル粒子は、ナノテクノロジーの中でも特に触媒において、ますます重要な役割を果たしています。このアプリケーション例では、Pd-Pt コアシェル粒子の元素マップを示します。
グラフェン中の単一シリコン原子

グラフェン上の単原子の識別

単原子のスペクトルを取得することは、EDSの最高技術であるだけでなく、特定の元素の励起特性に関する貴重な新しい情報を提供することでもあります。
ナノワイヤのEDSスペクトル、AuとPのデコンボリューションを示す

ナノワイヤの化学的特性評価

ナノワイヤ、ナノロッド、機能化されたナノビークルなどのナノ構造は、ナノエレクトロニクスや体内のドラッグデリバリーなどのナノテクノロジーの分野で関心が高まっています。
相互接続構造の高角環状暗視野画像

半導体のインターコネクトの化学組成

一般的なSTEMに30mm2の検出器を用いた標準のEDSまたはEDXは、数分以内にナノメートルオーダーの解像度の元素マッピングを提供することができます。検出器のヘッドがスリムライン設計で十分に小さく、高い立体角を得るためにサンプルに近づき、高い取り出し角を得るためにサンプルから十分高くなることです。後者は、影と吸収の影響を排除するのに役立ちます。

ニュース&イベント